福山雅治 演技下手。 『集団左遷』福山雅治の大根演技に「下手すぎてびっくり」「キモいおっさん」とネット騒然

福山雅治の演技力評価は?上手い?下手?龍馬伝での評判が集団左遷で復活なるか

福山雅治 演技下手

(C)まいじつ 福山雅治が主演するドラマ『集団左遷!! 』(TBS系)が4月22日にスタートした。 香川照之、三上博史ら演技派俳優が脇を固めているが、香川、三上に比べて福山のオーバーアクション的な演技に「違和感がある」と首をひねる声が続出している。 舞台は大手銀行。 片岡(福山)は蒲田支店への異動と支店長への昇格を言い渡される。 だが、銀行幹部が蒲田支店をはじめとしたいくつかの店舗の廃止を検討していることが明らかに。 片岡は常務の横山(三上)から支店廃止の意向を伝えられ、「何も頑張らないでいただきたい」と念を押された。 第1話では、会社経営者・米山(平山浩行)が融資を踏み倒して失踪。 福山のコミカル演技に「安っぽい」批判続出 福山は終始コミカルでオーバーアクションな演技を披露。 米山が車で〝逃走〟するシーンでは、福山が車にしがみついたものの、振り飛ばされて壁に激突。 あお向けで逃げられたことを悔しがるシーンもあった。 銀行を舞台にコミカルな演技を見せた福山に対し、違和感を示す多くの声が続出。 《こんなに、つまらないのは久しぶり》 《銀行にこんな安っぽいシーンとかないしな》 《テンション落とした方が絶対楽しめると思います》 《演技がやけにオーバーリアクションで違和感ハンパなかった》 また、迫真の演技を見せた三上、香川と福山とを見比べる声もあった。 《福山雅治の演技が軽い上に過剰なのがちょっと気になった》 《三上博史と香川照之はやはり演技うまい。 福山の演技がショボく感じた》 《三上&香川両氏の存在感が無駄になった感じ》 《福山さんの「顔芸」への取り組みが一生懸命過ぎて、見ている方が恥ずかしくなった》 果たしてこの演技は、誰の発案なのだろうか…。

次の

『集団左遷』福山雅治の大根演技に「下手すぎてびっくり」「キモいおっさん」とネット騒然

福山雅治 演技下手

より 福山雅治が主演を務める連続テレビドラマ『 集団左遷!!』(TBS系)の第1話が21日に放送され、平均視聴率が13. 8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。 好スタートを切ったが、ドラマの出来栄えについては「おもしろくなかった」と批判的な声もあがっているようだ。 このドラマは、廃店候補の銀行の支店長になった男が、行員たちのがんばりに後押しされ、理不尽な巨大組織に立ち向かっていくというストーリーだ。 福山演じる三友銀行員の片岡洋が蒲田支店長に昇進するも、そこは廃店候補のひとつ。 第1話では、支店長として出勤初日に融資先の社長・米山貢次(平山浩行)が資金を持って夜逃げするという問題が勃発。 本店の意向に沿ってこのままやり過ごすべきか悩んだものの、結局は担当者の若手行員・平正樹(井之脇海)と米山社長の行方を追い、無事に資金を回収した。 しかし、そのことが原因で本店から「がんばるな」と釘を刺されてしまった片岡。 そのうえ、部下の滝川晃司(神木隆之介)が担当する融資先の会社・鶴田工房の資金を全額回収するように命じられた。 だが、鶴田工房から資金を全額回収すると間違いなく会社は潰れてしまう。 迷った片岡だったが、滝川の姿を見てがんばることを決意。 廃店候補の支店長が集められた横山との会食の席で「働いている人間の気持ちはどうでもいいのか」と食ってかかると、「お願いです。 私にがんばらせていただけませんか」「もしノルマを達成できたら蒲田支店を廃店にしないでいただけないでしょうか」と土下座。 そして、「そこまで言うならどうぞ好きにしてください」という言葉を横山から引き出し、ノルマ不達成のときには片岡の身分の保証はできないという条件のもと、蒲田支店の命運をかけてがんばることを決めたのだった。

次の

福山雅治『集団左遷!!』の顔芸はヘタなのか…業界関係者が語る“ましゃ”の本当の演技力

福山雅治 演技下手

TBS系公式サイトより 現在放送中の連続ドラマ 『集団左遷!! 』(TBS系)で主人公を演じる 福山雅治の熱演が、いろんな意味で話題だ。 廃店寸前の三友銀行蒲田支店に課せられたノルマは、「半年間で融資額100億円」。 上層部から「銀行の未来のために、ノルマを達成できなければ廃店にする」と言われ、部下たちを守るため支店長として奮起する福山は、とにかく走り、怒り、嘆く。 なぜ彼の顔芸はこれほどまでに不評なのか? あるテレビ局のドラマ部プロデューサーは、次のように語る。 「福山さんは、所属事務所アミューズの先輩女優、富田靖子の相手役という好待遇で事実上の役者デビューを果たし、俳優としてそこまでの下積みを経験しないままブレイクしてしまった。 その勢いでミュージシャンとしても成功しその後も順風満帆のため、俳優業で大きく悩むこともなかったのでしょう。 その結果、どうしても演技力がデビュー当時から大きく進歩していないんですよね。 実際、彼の芝居で最もよかったのは、『ガリレオ』シリーズ(フジテレビ系)の湯川学でしょう。 ああいった、感情の起伏がなく淡々とロジカルにセリフを言うことが求められる役こそが、彼に最も向いているのだと思います。 ところが今回の『集団左遷!! 』における役は、まさにその真逆。 感情をむき出しにして走り回り、部下を熱く鼓舞する中間管理職なわけですから、バリエーションに乏しいという彼の短所がどうしても露呈してしまう。 といって、キャリア30年超の福山さんに演技の基礎から指導できるわけもないので、今作ではもう、彼のこうした大げさな演技を眺めているしかない。 そもそも失笑ギリギリの過剰な演技が求められる日曜劇場で、しかも銀行モノとくれば、どうしても『半沢直樹』的な顔芸が求められてしまうのは仕方のないこと。 でも、共演の香川照之さんや神木隆之介くんの芝居がウマすぎて、福山さんのバリエーションの空回り感が際立ってしまっていますよね。 お茶の間に失笑が生まれてしまうのは、ある意味当然なのかもしれませんね……」.

次の